Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // 製菓コンサルティング・製菓のご相談

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


商品開発

製菓コンサルティング・製菓のご相談



新規参入にあたり製菓業界を詳しく知りたい。商品開発をスポットで頼みたい。試作段階で極小ロットで頼みたい。そんなご希望にお応えします。

お菓子の商品開発・試作を極小ロット(1個)から承ります。

◆ 製菓の過去・現在・未来、難しいことを簡単にして分かりやすくお伝えできます。

 

商品開発案件実績

社名:アスリートライズ(アスリートサポート事業)

試作内容:自社プロテインを使った商品開発


▲試作1回目の試食中

 

商品開発はゴルフと似ている


商品開発を上手く進めるコツは腕のある職人さんに試作依頼をすること。試作が上手な人に依頼できれば短期間・低コストで商品開発が進みます。ところが試作者の力量はピンキリなんです。

私は試作上手を、いつもゴルフ上手に喩えてご説明します。ゴルフは打数が少ない方が上手で、理想は1打目でグリーン(ボールを入れる穴があるエリア)に乗せたいところ。

ただプロであっても必ず1打で毎回グリーンに乗せるのは至難の業。これが試作でも全く同じなんです。試作1回目で80点合格ラインに持っていく職人は非常に少ないです▶パティシエ商品開発レッスンでお伝えしています。

ゴルフはティーグラウンド(1打目を打つところ)に立った時点で狙うゴールが明確になっていることが大切です。その後ゴールまでのコースを考えるのですが、

途中にあるバンカー(砂のくぼ地)や池ポチャという障害を避けないといけません。

①ゴールが明確か

②障害が明確か

試作の場合はヒアリングシートを使ってご依頼者と最初にゴール設定を行います。また試作にもそこは絶対ダメだよね、という製菓理論上のバンカーゾーンがあります。

優秀な職人はゴールと障害が明確。試作開発コースを正確に把握する。これが最低限のルールです。

当方の試作者は女性パティシエで子育て世代がメイン層です。消費者目線を持ち合わせた優秀な試作者が集まっていることが強みです。

※商品開発には豊富な経験と知識が必要で、ちょうど女性パティシエがこそだてをする年齢に当たります。当方ではパティシエを続けたい女性を集めて、商品開発というやりがいのあるお仕事をチーム戦で進めます。

◆月江 瑞穂(つきえ みずほ)と申します。

10年続ける人が、わずか1%しかいない菓子業界に(こそだてしながら)20年在籍している珍獣です。つきえ経歴(←タップしてご覧下さい)法人向けに製菓に新規参入されるアシストを行っています。



製菓業界に20年在籍し
現場の叩き上げ時代=現場を知る・製菓技術習得
製菓学校教師時代=若い世代を知る・伝え方を習得
現職(独立)=パティシエトレーナー事業

企画職と菓子職人(パティシエ)との現場通訳を行う。元製菓学校教師。元現場パティシエ。



洋菓子専門士であり、
国家資格:菓子製造1級技能士・製菓衛生師を取得。


▲24時間・匿名でご相談を承っております。


▲製菓事業新規参入・事業発展のご相談を承っております。

以下ご紹介しますのは業界誌でコメントさせていただいた時のものです。2020年3月号・ママパティシエとして取材いただきました。

製菓技術専門誌「世界の菓子PCG」特集記事~女性の働きかたを考える~(←タップしてご覧下さい)


▲5分間の音声テキストです(動画ではありません)

 

▶コンサルティングサイトにも登録中


 

2017.02.20 初稿

2020.05.13 更新

 

ブログ一覧