パティシエの 働きやすい職場 【53日目】


DSC_3742~2

お菓子のプロの皆様

パティシエ辞めます?
続けます?

 

生き抜くパティシエール対策

【 パティシエール塾 】・53日目

 

こんにちは、

月江 瑞穂です

  (^^♪

 

今日も

二子玉川キッチンから

━━━━━━━━━━

 デコレーションで磨く!

 洗練されたプロ技術★

家族円満パティシエール

━━━━━━━━━━

を お届けしています!!

 

★★ (^^♪ ★★ (^^♪

 

『 パティシエの 働きやすい職場 』

 

どうすれば 実現するの?

 

Screenshot_2018-01-05-11-14-46

 

従業員のかた

経営者として、

 

皆さん 課題となっているようです。

 

実際、私の所に

個別に メッセージがある中

これが

最も多くいただく内容なんです。

 

ですので、

 

ここにまとめて

投稿する内容を

たたき台として 使って下さい。

118466

 

ここから、皆さんで

内容を進化させたら

さらに新しい発想が

どんどん生まれて

 

共有 しやすいかと思います。

 

それでは 早速

問題です。(^^♪

 

以下の場合に

皆さんはどう対処しますか?

 

 

~~~~

 

あなたの経営する菓子店は

大部分のお客様が 女性です。

 

店で 働くのは多くが

女性パティシエです。

 

バースデーケーキの注文が

多いです。

ケーキ列

 

そんな中

妊娠・出産・子育てしながら

従業員は 働いています。

 

お店を お休みしたい日

育児休暇など充実できれば良い

と考えています。

 

しかし 壁があります。

 

お客様の誕生日は 毎日あって

『こどもが 運動会だから』

『こどもが 熱を出したから』等で

 

お客様に 迷惑をかけられません。

 

さあ、どう解決しましょうか?

 118636

~~~

これが お題でした。

 

皆さんから貴重な

意見を たくさんいただいたので

 

自分も なんとか

考えを書いてみました。

 

それが 以下になります

 

ちょっと

私が 思っていることを

お話させてください

(^^♪ 

 

 

↓↓↓

 

 118385

 

私の理想の 職場のあり方

というのは

 

従業員にも
お客様にも 愛されている,

 

そんな状態です。

 

ただし、この場合は
お客様全てに愛される!というのではなく、

自店の経営理念に
ご理解いただける お客様のみです。

 

つまり、

一部のお客様ということです。

 

自店の 経営理念というのは、
従業員が 妊娠・出産しても働きやすいこと。
お客様により良い

新しいサービスを行うことです。

 

ですので、

お宅の 従業員など どうでもいい、
私のケーキが大事!!という方は
お客様には 含まれません。

 

その上で
お話させていただきますね。

ブログ用

 

 

まずは、
ママパティシエの働きやすい職場は
先々がわかり、

計画が立てやすいことが 必須です。

 

いつ、どのくらい

お客様が来るのか わからないと
働く計画、休む計画が 立ちません。

 

急に お客さん来たから、
ちょっと残業して、というのは
ママパティシエは

絶対に 続きません。

 

ですので、
お客様がいつ、何人来るのか
わかる方が ありがたい。

 

その点、

バースデーケーキに限れば、
計画は 非常に立てやすいです。

 

 

.facebook_1509072727209

まず、徹底することは
バースデーの注文を いただいた時点で
お祝いされる主役の
本当のお誕生日を 押さえることです。

 

そして、欲を言えば
ケーキを 受け取りに来られた
同居のご家族全員の お誕生日、

代表ご連絡先を

 

お客様情報として、

登録していただく。

 

この時、

登録していただくことで、
特典やプレゼントをつければ
喜んでいただけます。

 DSC_2679~2

そして、お店側から
ファミリーそれぞれのお誕生日の
1か月前に

ご挨拶と ケーキの予約注文受付完了を
いただくようにします。

 

今すぐのご予約で
お得!な サービスがあると

喜んでいただけます。

 

お客様は

覚えてもらっていたことが嬉しいですし、
どうせなら、

今ここで頼んでしまおう、となります。

 

お忙しいお父さんからは、

家族全員のイベントを 忘れないので
『助かった!』と

言っていただけると思います。

 

できれは、その際

ご夫婦の結婚記念日、なども、
追加登録していただくと、

なお良いと思います。

フリル 

こうして、

メールで 御用聞きをすることで
1か月先のケーキの製造計画

立てられるようになります。

 

受け取り日時が

確定している 安心感も生まれます。

 

これで、

やっと働きやすい職場の土台が

できてきました。

 

実は、
お客様を 待つことは、
モグラたたきゲームのように
一瞬も 気が抜けません。

 

いつ来るかわからない

お客様や注文に
対応するには、

 

お店側が 常に

敏速対応 可能なように

 

全力スタンバイをしている

必要があります。

 

その点、
モグラたたきゲームも
いつ、どこから モグラが出るのか
事前にわかっていたら、

余裕が生まれます。

 118334

この、余裕が
質の高いサービスと

働きやすい職場環境に
つながっていくと思うのです。

 

ですので、
お客様が ご注文し忘れないサービス
先にお届けすることで、

従業員の働きやすさも

実現できるはずです。

 

お店側は
できる限り、突然のご注文を減らして、
事前の注文に 変換する工夫を

続けていくことに なります。

オーダーメイドケーキ 

突然のバースデー注文の際も

同様です。

 

従業員に 負担があれば
断ることも 必要と考えます。

 

その時に、ただ 『できません。』ではなく、

 

急な注文も受けてくれる

同業者を紹介すること、

 

自店は

女性の働きやすい職場を目指していて
急な対応は苦手であるが、

その分心のこもった
ケーキをお届けしていること、

 

できれば 誕生日をお聞きして

次回は ぜひ自店で
作らせていただきたい旨を

お伝えすること、

 

その際の 特典を 約束すること、

 

こうして、

次回ご注文いただく時は
突然ではなく、

Cake Aventure_オーダーメイドケーキ

事前にわかっている状態 にするよう
徹底的に こだわり続けることで、

働きやすい職場の精度は 上がります。

 

そうすれば、
働く女性パティシエは 喜び、
働く女性を応援するお店 として
そこに
共感するお客様が 集まるでしょう。

 

女性の働きやすさは
国をあげて 取り組んでいる課題ですから、
それを 達成されているならば、

鼻高々で 営業されたらいいんだと思います。

 

 

さぁ (^.^) あなたから

菓子業界 変わりますよ~。

118652

『 ↓ ● お菓子のプロは
       17時以降 働かない!!
      1day講座 すぐ、
      優先予約登録 は こちら!!』

(日程・必要事項は、予約完了時に お伝えします)

 http://1step-m.com/pgm/dsp_reg_mag_k.php?msm_id=msm0000005061


 面倒な記入事項ナシ!1ステップ5秒で簡単終了(^^♪

 

 ◇ お菓子のプロは
  17時以降 働かない!!
  1day 講座詳細はこちら ↓↓

 https://www.cake-a.jp/date/2017/12/25?cat=6

IMG_20171220_140232

 

 ※ プロパティシエール以外の方は

   ママパティシエ協会関係者の

   紹介が必要です。
 

 (^^♪(^^♪(^^♪(^^♪(^^♪

 

 
パティシエの 90%に足りない リンク脳とは?

https://www.cake-a.jp/blog/2005.html

Screenshot_2018-01-23-18-11-17

 

パティシエール・家庭の両立ストーリー

https://www.cake-a.jp/

_MG_4597

 

応援者の声・ママパティシエ歓迎

https://www.cake-a.jp/news

1512460784170

 

 

 

 


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree