Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // スイーツコンサルタントという仕事・こそだてと並行で製菓業界23年目

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


ママパティシエ

スイーツコンサルタントという仕事・こそだてと並行で製菓業界23年目

2017.9.22 2020.1.22 2022.4.28 更新

スイーツコンサルタントという仕事。こそだてと並行で製菓業界23年目。起業当時はパティシエールが仕事の質を落とさず、家族を優先して働く環境が無かったように思います。

42歳現役ママパティシエがこれまでの実体験をご紹介します。子育てを強みにスキルアップできる。理想の働き方を求める女性パティシエのお悩みに寄り添います。

 
▼ママパティシエ関連記事をご覧下さい

「世界の菓子 PCG」特集記事~女性の働き方を考える~

出産後パティシエを続ける上で一番大切なこと

パティシエとして続く人・続かない人

目次

家族優先で「お菓子の仕事」がしたい

パティシエールの多くが、家族を優先できてやりがいある仕事はないの?と1度は思ったのではないでしょうか。私もずっとそう考え、結婚出産後も
・パティシエ職は続ける
・ブランクは作らない 
・家族優先で好きな時間働く 
・こどもの成長と共にステップアップ

その最善策を模索し、現在スイーツコンサルタントという仕事をしています。「スイーツコンサルタント」で検索すれば私の名前が出ます。今42歳現役フリーランス。36で出産し、こどもは6歳です。
・年収は前職以上
・やりがいあり
・家族優先で仕事
・スケジュール自分で調整
・労働1日4時間
・日曜日は家族揃って休み
・クリスマスが最もヒマ
ぼんやりいい感じになっています。詳細は以下の記事をご覧ください。

仕事量や時間調整が利くフリーのメリット

フリーランスで仕事量やスケジュールを調整できるメリットは大きい!と感じています。こそだて中は特に。こどもが大きくなったらアクセル踏んで仕事の量はもっと上げられますし。

実は起業以前、女性パティシエの働き方のヒントを探して「パティシエ 結婚 やりがいある仕事」等、Google検索してみたのですが、そこにピッタリくるものが無い…
・親兄弟にこどもを預けて勤務
・アルバイトで仕事の質を落とす
・パートナーに家事育児をパス

はい、私はそれができなくて悩んでます。親兄弟を頼れる人は少ないし、経験があるのに結婚出産がキッカケで雑務に回されたらイヤです。パートナーだって仕事があり家のこと丸投げは無理…

それで自分で「いい感じの仕事」を作ろう、と思いましたね。

スイーツコンサルタントとは・まとめ

こそだてしながらお菓子の仕事を続けよう!と模索した結果がスイーツコンサルタントでした。ほお、お菓子を作る以外の仕事もあるんだね、と何かのヒントになれば幸いです。お気軽にLINEからご相談下さい。

自動情報配信ではございませんで、登録だけですと何も流れてきません。ぜひ記事のご感想などコメントをお願いします(^.^)

◆月江 瑞穂(つきえ みずほ)と申します

パティシエを続ける方を応援しています。10年続ける人が、わずか1%しかいない菓子業界に(こそだてしながら)22年在籍している珍獣です。

つきえ経歴(←タップしてご覧下さい)パティシエを続ける方の練習指導・コンディションを整えるパティシエトレーナー。

ブログ一覧から「パティシエに役立つ 全500記事」を閲覧できます。  ↓ ↓ ↓

ブログ一覧