Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // オンラインパティシエ技術研修 新人指導にもう迷わない!できる指導者実例

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


企業さまの声 LINEオンラインレッスン

オンラインパティシエ技術研修 新人指導にもう迷わない!できる指導者実例

2019.2.5 4.1 6.3 11.29 2020.01.07 4.29 9.20
2021.7.7 2022.1.24 更新

職場内の新人や部下に技術指導するのに、感覚的な部分が伝えづらい、忙しくて時間がかけられない等、お悩みは多いと思います。そこで「技術を教える」手間を手軽にオンラインで外注してみるのはいかがでしょうか。

そんなことできるの?と思われた方へ、実際にリーダーとして部下の指導に役立てていただいた具体例を経験21年のパティシエトレーナーがお伝えします。


▲オンラインレッスン効果あるんですか?(5分間音声ラジオ)


▲オンライン技能検定(国家資格)洋菓子1級・2級 アシスト


▲急ぎ職場で使う技術だけ!!もオンライン研修OK

目次

オンラインでプロに技術指導って本当?

▲技術講習は、どうしても「実演」が多い

対面せずに技術指導なんて不可能でしょ!と思われるかもしれませんが、オンラインで対面以上に効果を挙げることは可能です。その理由は1つ。オンライン研修が「自責」(できなかったら先生が悪い)の授業なのに対して、既存の実演技術研修は「他責」の授業だからです。

いわゆる実演研修は「お手本を見て身につけてね!」(見てできないならあなたが悪いよね)と講師側に逃げ道があります。つまり勘がいい受講者さんは「あ~!そうやればいいのね!」と、すぐ上達できる一方で「えっ?えっ?見たけどサッパリ…」と要領を得るのが苦手な受講者さんもいて

見てできる人がいる分、できない人が悪い立場になりやすいです。そして先生側は私は悪くない!という姿勢でいられる。また、できない人に「なんで分からないの!?」とイライラしながら「何度同じお手本を見せても」改善しなくて「見ても分からない人」の理解を深めるには「見て身につけろ」以外の研修を行う必要があります。

ここでオンラインです。「見て身につけろ」を一旦置いて、誰にでもわかる「コトバ」で技術を伝えることに徹します。これで伝わらなかったら先生が悪い!になるので必死で伝える工夫もします。

コトバで伝えると「受講側」の要領の良さに関わらず、一定の成果を挙げることが可能となります。オンラインと言っても(意外にも)ビデオ通話ではなく、文字や画像をやり取りできる「チャット機能」を多用するのです。

感覚要素が大きいパティシエ技術を「どうコトバで表現するか」がポイントとなります。

新人指導に費やす時間を無くしませんか?

△現場指導者さんのコメント
「部下に感覚で教えるのは難しい」
部下を複数人お持ちの方、リーダー的立場で指導する側にあられる方にも、オンライン研修をお勧めしたいです。

簡単な流れをご説明すると「指導者さんと私」のやり取りを進めさせていただきます。「部下のできてない」部分を教えてもらい「それなら○○!」の1手をお送りします。部下には指導者さんから直接「○○!」と指導いただき反応を見ます。

一番良いのは、指導者さんが「部下ができない時」の「対処法」パターンが増えて、慣れていくことです。リーダーが対処を覚えてしまえば、厨房内で「自動教育システム」を構築することができます。リーダーがリーダー代理を作ることができるんですね。

これはオンライン研修で、すでに実現していますので以下でご紹介したいと思います。

現役パティシエさんと確認できた効果とは

△元々ご自身が上手になりたい!と始めたものの
自分ができるようになったら「他の子にも教えてあげて」となって…時には「メンバーに不器用な子がいて、どうやって教えたらいいですか?」とLINEで相談してました。自分ができるのと、他人をできるようにするのは全然違う。でも遠隔のやり取りで指導法を聞けたから良かったです。

その後は教育係に任命され、長くご活躍されています。この職場は元々離職率が高く「若手がすぐ辞める」とシェフが悩まれていたそうです。ところが「教育係」から技術を丁寧に教えてもらえる環境が整ったことで離職者が極端に減ったのだそう。

若手が決して高くないお給料で、長時間勤務に耐える最大の理由は「技術を身に付けたいから」。教えてもらえる機会が無い・携わる機会も無い環境に優秀な指導者は必須です。

福利厚生になり得る 技術研修

リーダーが不在の場合もオンライン研修は行えます。その際はLINEのグループ機能を用いて「従業員皆様と私」で進めさせていただきます。

当方のレッスンは元々、個人の受講者さんが自費(月額2万円)で技術指導を受ける内容でした。

ある時、1名の受講者さんから突然連絡があり「お店にデコレーションできる人が自分しかいません。休みもなくて、このままだと死にます、、」「店長にも話を通したので、店のみんなにレッスンして下さい」

そこから「店の従業員向け」オンライン(LINEグループ)研修が始まりました。この時、費用は会社負担だったのですが、人材育成の補助金が使えた上、メンバーの技術が底上げされて仕事もスムーズに回るようになりました。

従業員からも会社負担で技術が学べる!と大好評。このケースで従業員への福利厚生の感覚で導入するのが効果的だと思いました。

24時間いつでもレッスンを進めることも

リアルで出張した場合の従業員向け研修は、通常は仕事が止まらないよう、例えば「2つのグループ」を作ります。前半Aグループが受講する間、Bグループは仕事を進め、後半はAとBが逆転します。

それでもウチは忙しいから研修時間が確保できないよ!といった場合に、オンラインをご利用いただきます。各従業員のプライベートの時間で個別に研修を進めるんですね。※条件として受講者さんがスマホかパソコンでLINEが使える環境にある場合

例えば、スマホでナッペ絞りの練習画像を送っていただくと「ああ、これは〇〇で良くなります」と解決策をご提示できます。お医者さんと同じ仮説と検証でナッペ絞りをオンライン診断しているんです。24時間スケジュールの縛りもありません。

解説通りに実践していただくと80%程度の確率で課題がクリアーできます。20%程度予想はハズレます。ハズレの時は「やってみたけど全然改善しませんよー」と結果画像をもらい、次の一手をお送りしています。

つまり、いただいた画像から問題点が一体どこにあるのか高確率で当てていて、「こうすれば改善する!」という確率の高い解決策から順に実践のお願いしているのです。

誰でも同じ固定的な研修ではなく、従業員ごと個別内容にしています。そのため効果がハッキリ現れます。これをオンラインなら仕事を止めずに進めることが可能です。

パティシエ向けオンライン技術研修・まとめ

アバンパソコン顔

「部下に感覚で教えるのは難しい」これは真実です。「何度見せて説明しても」できない技術者というのは実際にいます。ただ不器用と言われる人材を切り捨ててしまうと常に「人手不足」に悩むことになります。

プロ向けのオンライン技術研修というのは、あまり耳にしませんが「指導法を習う」という発想はリーダーに必要だと思います。

指導者のみなさま、LINEからご相談内容をお聞かせ下さい

自動情報配信ではございません。登録だけですと何も流れてこないので、ぜひコメントをお願いします(^.^)

◆月江 瑞穂(つきえ みずほ)と申します。

ナッペや絞りでプロを極めてパティシエを続ける方を応援しています。10年続ける人が、わずか1%しかいない菓子業界に(こそだてしながら)21年在籍している珍獣です。

つきえ経歴(←タップしてご覧下さい)パティシエを続ける方の練習指導・コンディションを整える、菓子づくり・現場の人づくりスイーツコンサルタント。

ブログ一覧から「パティシエに役立つ 全500記事」を閲覧できます。  ↓ ↓ ↓

ブログ一覧