Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // オンライン(LINE)レッスンで プロのナッペはどこまで上達しますか?

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


LINEオンラインレッスン

オンライン(LINE)レッスンで プロのナッペはどこまで上達しますか?

2019.3.02 4.24 10.24
2020.3.03  2021.10.25 更新

LINE(オンライン)でプロを極めることが可能です。ナッペのパーソナルトレーニング


オンライン(LINE)レッスンで、プロ(仕事で結果を出したい方向けの)レッスンが受講可能。LINEのチャット(文字・画像)で24時間いつでも質問でき、いわゆる専属トレーナーが付いた状態でパーソナルトレーニング(個別指導)を行う効果とは?

現役パティシエ・復職パティシエ(こそだてブランクあり)製菓学校生が集うレッスンの内容について経験21年のパティシエトレーナーがお伝えします。


▲両手が塞がっていてもラジオ感覚で聴くことでナッペのイメージできます。時間の有効活用に!!


▲忙しい方ほどオンラインレッスンを活用するメリット大!!耳で理解できます(音声テキストです)

 

一般的に、やっぱりオンラインって、対面(リアル)には敵わないんでしょ?ってイメージはぬぐえないと思います。実際私も過去そう思っていました。

専門学校の授業を持たせてもらった時代も、もちろん対面授業で「先生のお手本を見せる」&「学生さんの手元を見せてもらう」やり取りは絶対必要だと信じていました。

ただ、オンラインレッスンを開催して分かったことが2つあります。それは①「結果だけで過程が推測できること」②「過程が推測できればオンラインが実現できること」以上2点です

以下詳しくご説明します

上の画像のナッペには横のラインが入っています

これ、何故できたかお分かりになりますか?ちなみに私は「分かります」。ケーキを塗る、その瞬間に立ち会わなくても「画像だけ」で分かるんです。

ナイフの角度も、立ち姿勢も、クリームの状態も推測で高確率で当てます。つまり画像で「こうなったよ(結果)」を頂ければ、過程が推測できるので「対面しないといけない」理由が特に無いんです。それで「オンラインレッスンが実現可能」となります。

いや、でも「お手本は見ないと!」流石に理解できないでしょ、と思われますよね。それもすでにクリアーしています。ナッペに必要な技術の「感覚的で分かりにくい部分」は全てコトバで解説できるようになっています。

そもそも感覚的なコツの部分は目に見えません。どこにどの程度力入れてるとか、お手本を見るより、具体的なコトバで受け取る方が、皆さんリアルに受け取れています。コトバで充分伝わるよ!という証拠に

こちらを添付します▷ナッペ練習について 人類史上最上級に分かりやすい解説(タップすると開きます)

 

LINEのチャットから急ぎ音声でお伝えしちゃうこともあります。LINEって音声メッセージも送れるんですよね。便利ですね。

つまり、対面レッスンとオンラインレッスンの大きな違いは、リアルが好きかどうか?「好みの問題」だと思います。単純な上達率で言えば

 

オンラインレッスン上達率


= 対面レッスン上達率 


なので、オンラインだと上手にならない!という事態は起こりません。それどころか▽シェフに褒めてもらったりします


▽そう、ナッペって見て簡単にマネできるものじゃないんです

お手本を「生レッスン」で見ないと上手にならない!というのは思い込みです。そして「見よう見まね」での技術習得は本当に時間がかかります。▽過去、別のレッスンに参加された方も同じ意見でした



▲都内菓子店オーナーシェフからのコメント


ご安心いただきたいのが、オンラインレッスンはよく分からない部分が多いと思うのですが、決して難しくなく理論に基づいており、突飛なことは何もありません。

いわゆる皆さんが普段利用されている、あの「LINE」のやり取りです。1対1だから、お1人お1人に合わせて丁寧にご説明できます。






当方では、体験レッスンでナッペする際どこに・どのように力を入れているか?明確化します。そして「ナッペ熟練者の筋肉」を養う自主トレーニング方法をお伝えしています

レッスンはどんな感じ?(←タップしてご覧下さい)

画像で職場のケーキ(できるようになりたいお手本)をLINEで送っていただき、個別にトレーニング内容を設定します。上手になると、みなさん職場の立場も格段に良くなります。

もし始めるタイミングを迷われている場合は、早めに始めていただくのをおススメします。なぜなら1度しっかり定着したナッペ絞り技術は簡単には消えず、一生ものだからです。できない期間が長いより、できる期間が長い方がお得だと思います。

「人より」早く始めて、できるようになって得することはあっても、習得を遅らせたおかげで得することは1つも無いんです。



◆月江 瑞穂(つきえ みずほ)と申します。

ナッペや絞りで、プロを極める方を応援しています。10年続ける人が、わずか1%しかいない菓子業界に(こそだてしながら)21年在籍している珍獣です。

つきえ経歴(←タップしてご覧下さい)こそだてしながらパティシエを続ける方の練習指導・コンディションを整えます。パティシエトレーナー。



▼オンラインLINEレッスン関連記事▼


▶コロナ以前にオンラインレッスンの開催方法セミナーを開催

▷オンライン(LINE)レッスンギフト券・貴重な体験を贈ろう!

▷オンライン(LINE)でプロがナッペを極める東京二子玉川

▷オンライン(LINE)レッスンご説明します


▼▲両手が塞がっていても1日5分聴くだけドリル!音声ラジオで すき間時間も活用できます。



ブログ一覧から「パティシエに役立つ 全500記事」を閲覧できます。  ↓ ↓ ↓

ブログ一覧