Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // ママパティシエがお菓子の仕事を続けながら 家庭優先で働く方法

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


ママパティシエ

ママパティシエがお菓子の仕事を続けながら 家庭優先で働く方法

2019.02.5 3.26 5.30 12.18 2020.04.19 8.16
2021.06.24 更新

結婚出産後もパティシエ職を続けたい!35歳で妊娠したママパティシエが、産後5カ月で事業を起こした お話。1日のスケジュール感、仕事内容、「こそだてしがなら」どうやって続けるの?等

女性パティシエが仕事を続けるヒントになれば幸いです。経験21年のママパティシエ実体験(現在進行形:男児5歳と共に)をお届けします。


▲世界の菓子PCGさんより女性の働き方を考えるというテーマで取材いただきました。パティシエ業界は思っているより変化しているよ!というお話。人手不足もありママパティシエに注目するオーナーは多い。



▶ママパティシエ1日の仕事スケジュール、ながら5分で聴ける音声ラジオ(全シリーズまとめはこちらをタップ←)



▲拠点となる東京二子玉川キッチンスタジオ

目次

こそだてしながら果たして何時間働ける?

そもそも独身時代、皆さんは何時間労働でしたか?私は 7:30~始業で(比較的朝が遅い?)お店に勤務していました。終業は仕事ノルマ完了までで、11・12月の繁忙期は毎日終電ギリギリまで残業でした。

まあ、パティシエ全員が8時間以上働くし、いつも定時あがり!なんて人はいませんよね。ただこれ「出産後」キツくないですか? たまたま隣に「こどもを見てくれる」親が住んでるとか「超絶ラッキー」な境遇にあればいいですけど、、、

ほとんどが「親に頼れない」だろうし、夫(パートナー)だって仕事が忙しいはず。そうなると「仕事」を取るなら「結婚・出産」は諦めないといけないの?と考えます。

私のケースは、妊娠当時は製菓学校の教師をしており、深夜まで残業することはありませんでした。「暦通り休めて・福利厚生がしっかりしている」職場だったのに結局、出産前に辞めてしまいました。

理由は、それでも「勤務時間が長かったから」です。ちなみに、当時こそだて中の同僚は8:30出勤~17:00退勤(実働7時間半)で保育園のお迎えに走って帰っていました。お菓子の仕事を続けるなら恵まれた環境だとは思うのですが、私はもっとワガママでいたかったんですね。

私の現状1日のスケジュール表

▲1日の流れメモ書き
私は「こどもを優先できる」働き方を目指してきました。図にあるように、朝こどものペースで支度するので、毎日幼稚園に遅刻です。それでも何とか間に合う10:30でレッスンが始まるように設定。

あと、昼食が遅いんですけど「こどもをお迎えした後」隣の公園に移動して遊ばせながら食べることが多いです。園の預かり時間内で、めいっぱい仕事したいので。現役パティシエ時代は「お昼ご飯が夕方になる」とか日常茶飯事で、これは苦にならないですね。

働き方として、1日何時間か決まった場所に拘束されるのではなく、働く場所や時間を調整可能にしたかった。そうしないと「こそだてで後悔する」と思っていました。

無鉄砲に製菓学校教師を辞める

▲降園後、いつも寄り道する公園

拘束時間が長いのは無理だ!と、考えもなく「製菓学校」を辞めました。自分で何とかすべく産後5か月の時に「東京二子玉川キッチン」を自宅から100mの場所に構えました。(移動時間が無くて良いかなと思った)いわゆる起業をしたんですね。まあ希望通りに、労働時間は自由に決められるようになったワケです。

ここで私のリアルな現在の状況を例に出します。

東京世田谷区在住・こども5歳男児1人・幼稚園通い(9:00登園~14:00お迎え)預かり保育を使うと16:30まで延長可能。

仕事場は、東京二子玉川キッチンか、自宅
日曜=家族3人で過ごす 
土曜=こどもと2人で過ごす

実働はレッスンしている時間ですね。1日1レッスン以上やらないので(1レッスン90分)実働時間は非常に短いですね。

「手に職」経験を活かせる お仕事内容は?


▲商品開発はパティシエ経験が活かせると思う
スイーツ開発の舞台裏ドキュメンタリー(1:53)

仕事よりも家族・こそだてを優先したい!という考えの女性パティシエは多いと思うんです。こどもを長時間預けてバリバリ働く、、そこまでするのは気が引ける。

でもアルバイトや時短で仕事内容の質が落ちるのはイヤ。誰でもできる雑用係ならパティシエを続ける意味がない。経験は活かしたい、今後もスキルアップしたい。

それが本音だと思うんです。

女性パティシエ全員が独立希望でないことも知っています。ただ、当時はフリーランスのパティシエになるしか「こそだてしながらお菓子の仕事をする」道は無かったように思います。

私の仕事は プロ向け「ナッペ絞り」の教室運営です。加えて スイーツの商品開発があります。

ここだけの話、起業当初は「一般向け」にお菓子教室をしていました。でも経験を活かすなら「プロ向け」の教室にした方が!?と途中で思い付いたんです(笑)

35歳独立の時点で15年の経験がありましたし、プロに指導する方が圧倒的にプレッシャーがかかります。つまり「できる人」が少ないんですよね。

専門卒業後どうしてる?楽しい学びの場を

▲お子さん連れで練習中
私の周囲で泣く泣くパティシエを辞めていく人材をたくさん見てきたので、なんとか仕事が「続けやすくなれば」という気持ちは常にありました。

ナッペ絞りができると仕事に有利なので「プロ向けナッペ教室」を始めたんです。

それに専門卒後は、職場以外で好きなジャンルで学べる場所が無いんですよね。例えば、プロ向け講習会は有名シェフのスペシャリテ(得意メニュー)ばかり。とっても勉強になるけど

今教えて欲しい(職場で使う)実践技術の講座ではない。克服すべき分野に効かない講座では、仕事で生き残れないじゃないですか。

ママパティシエ「家庭と仕事」の課題とは?

▲キッチンに呼んだ こどもとシッターさん

パティシエって専門学校卒業しても、1年で7割辞め・3年で9割辞め・10年で1%しか続かないそうです(パティシエント調べ)

つまり「こそだてしながら」細々とでも「続ける」ことに価値があると考えます。無理せず、家族に協力してもらいながら(私も業界21年になります)こどもが大きくなって「自由な時間が持てた」時をイメージしつつ、ご自身に合った分野で続けられるかが課題だと思います。

ママパティシエに最適な仕事ポジションは?

▲手作業の小ロット商品開発・試作講座の様子
私はお菓子を「作る」パティシエから、お菓子を「伝える」パティシエにポジション変更しました。それが「短い労働時間で生き残る」1つの手段と考えたんです。

具体的には
ナッペ教室で「製菓技術を伝え」
商品開発案件で「製菓知識を伝えて」います。
(依頼者と試作者の通訳ガイド)

これは誰にでも使える方法で、新しいパティシエのポジションの作り方は、「お菓子を...」の後に色々動詞をはめ込んでみます。

例えば、売る・広める・考える・調べる・管理する、等々、、好き・得意で、お仕事になりそうなものを探してみて下さい。

お菓子を「作る」だけがパティシエの仕事!!と決め込んでいると、いくらでも仕事できる時間がある人ほど有利です。忙しいママパティシエは頭を使って工夫すれば強みを発揮できると思います。

パティシエ職を続けるコツ・まとめ

これまでしてきたパティシエ職の固定概念を捨て「短い時間で経験を活かす」ことを考えてみましょう。「お菓子×得意なこと」の掛け合わせで、こそだて時期を乗り切りれば、それが強みになっているのだと思います。

東京二子玉川キッチンはキッズスペース・おむつ交換台が完備。おこさま連れの会員さんも多くいらっしゃいます。

◆実際にこそだてとパティシエ職を両立している
◆一緒になって真剣に考えてくれる
◆親身になって相談にのってくれる

そんな仲間がいればパティシエを続けられる確率は増すと思います。

もしLINEで「ママパティシエ」とコメント送信いただければ「チャット個別相談」をプレゼント致します。

登録だけですと、どのプレゼントか分からないので、ぜひ画像かコメントをお願いします(^.^)

◆月江 瑞穂(つきえ みずほ)と申します。

ナッペや絞りでプロを極めてパティシエを続ける方を応援しています。10年続ける人が、わずか1%しかいない菓子業界に(こそだてしながら)21年在籍している珍獣です。

つきえ経歴(←タップしてご覧下さい)パティシエを続ける方の練習指導・コンディションを整えるパティシエトレーナー。

ブログ一覧から「パティシエに役立つ 全500記事」を閲覧できます。  ↓ ↓ ↓

ブログ一覧