Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // 日本初 プロのスイーツ商品開発「技術養成コース」とは

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


商品開発 養成講座

日本初 プロのスイーツ商品開発「技術養成コース」とは

2020.09.29 2021.06.06 更新

プロのスイーツ商品開発者になるには、小麦粉・卵・砂糖・バターなど材料の知識と、材料〇+材料〇=「どんな結果」という方程式を知る必要があります。日本初 プロのスイーツ商品開発「技術養成コース」でレシピの組み方をお届けします。リアル案件を教材にした超実践講座。

▶理想のアメリカンチョコチップクッキー(チャンククッキー)をカフェで出すのが目標で受講(ザブトンカフェ港区東麻布



▶消費期限・賞味期限の設定方法とは:石川県予防医学協会引用

▶ローヴィーガンとは?

▶卵不使用マカロン:藤田承紀Facebook引用

2017.02.22 2020.09.29 更新

目次

オリジナルレシピ作成が難しいワケ

▲実際のご依頼(チーズケーキ本体は〇〇有名店+△△有名店の味がご希望でした)

まずはじめに、商品開発(オリジナルレシピを作ること)が難しい理由は大きく2つあります。

例えば、服のコーディネートで考えてみます。上の洋服(トップス)が2枚と、下の洋服(ボトムス)が2枚手持ちである場合、可能な「コーディネート数」は4つです。当然トップスやボトムスの数が増えれば、コーディネート数は増やせます。次に「キレイめ」「甘め」といった「オーダー通り」にコーディネートするには、決まった「型」(方程式)を覚える必要があります。

①引き出しのお洋服=菓子材料の知識講座

②コーディネートの型=製菓理論の講座

①が足りないとコーディネート数が乏しく
②が足りないとイメージ通りの組み合わせにならない

引き出しの数を増やし、イメージ通りのレシピを作れる講座をご用意しております。

例えば、当方の商品開発講師は仮説と実践、これを21年ずっと続けています(笑)一般的には(自分でやってみる)しか技術獲得方法はなく、

その蓄積や技術は全て、企業秘密として社内でしか共有されないものなのです。※外部に教えたりしないんですね

そうは言っても、レシピ起こしの技術習得に、今からやみくもに時間をかけるのは不毛ですよね。できれば「レシピ作りの方程式」を学べばより近道ですし、

当方で頂戴するリアルな企業商品開発案件を題材に超実践講座もご用意しておりますので、その内容を一部ご案内したいと思います。

本物の依頼品が教材だと分かりやすい

▲アスリート向けプロテインゼリーの試作実演中

とある企業さまから頂戴する、複数の案件を題材にレッスンを行います。もし(こんな依頼が来たら?)に対する答え合わせが授業内容になります。

商品開発技術者に直接質問できます

商品開発レッスンの講師は21年、試作実践を積み重ねたパティシエです。実際にオーナーシェフとしてお店のメニュー開発や企業案件も複数こなします。

超低糖質、ヴィーガン等、特別な機能性を持たせたレシピ構築も得意とします。

オーダー通りの味に(ピシャリ)と寄せる、その技術・知識をライブでご覧いただけます。

商品開発のリアルを公開・共有します

現在動いているプロジェクトや、最近の商品開発の動向、お問い合わせの傾向など、商品開発の現状を言語化担当:月江・実践担当:山田でお伝えします。

組織に所属しないフリーランスパティシエだからこそ、お伝えできる充実した内容でお待ちしております。

LINEで「レシピ起こし質問」と秘密の合言葉を送信いただくと「質問のご回答」をプレゼント致します。

登録だけですと、どのプレゼントか分からないので、ぜひ合言葉をお願いします(^.^)

◆月江 瑞穂(つきえ みずほ)と申します。

ナッペや絞りでプロを極めてパティシエを続ける方を応援しています。10年続ける人が、わずか1%しかいない菓子業界に(こそだてしながら)21年在籍している珍獣です。

つきえ経歴(←タップしてご覧下さい)パティシエを続ける方の練習指導・コンディションを整えるパティシエトレーナー。

パティシエを続ける方にご覧いただきたいです。Category(カテゴリー)でナッペ/資格/妊娠出産など項目選択して閲覧できます。  ↓ ↓ ↓

ブログ一覧