Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // パイピングで一番シンプルな プロパティシエ向け練習法

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


菓子製造技能士 ナッペ絞り極意

パイピングで一番シンプルな プロパティシエ向け練習法

パイピングのプレート書き、キレイにバランス良く、サラリと仕上げるにはどうすればいいの? 仕事でパイピングする機会は突然めぐってきます。

そんな時にも戸惑わないように!効率的なプロ向け練習法を経験21年のパティシエトレーナーがお伝えします。

2017.02.20 2021.02.20 更新

目次

プロ向け練習法とは

▲プレート書きトレーニングシート

プロの練習って実際どうすれば? これはパイピングに限らず、技術習得する上で重要なことですが、まず練習以前に技術を体系化して理解する必要があります。

何となくお手本をマネて(上手にな~れと)数こなしの練習をするのではなく「今自分は全10個あるうち、3番目の技術トレーニングをしている!」と

明確に(今ここ練習してますよ!)と宣言できることがスタートラインです。ちなみにパイピングでプレートをキレイに書きたい方は、いきなりプレートに練習しちゃダメです。次をご覧下さい。

必要な技術は6つ!整理・分類しよう

▲パイピングトレーニングシート

では(プレートにメッセージを書く練習)はどこから始めるのか? そこは必ず「線書き」から練習します。番号1のシンプルな棒線(直線)からです。

(なんだ、棒か、、つまんない練習だなあ、、)と思うかもしれませんが、そもそも基本の棒がまっすぐ安定して書けない人に、より複雑なものは満足にできません。#厳しくてごめんなさい

試しにプレートの文字書きがキレイな方に、あえてシンプルな棒線を書いてもらうと、びっくりする精度・スピードで仕上げてくれます。

1.棒絞り

どこまで行ってもまっすぐで、右上がりや右下がりにならず、何本並べても各々が平行・等間隔、なおかつスピードが速い。それが理想です。

なぜなら棒絞り(棒線)のスピード感はプレートの文字書き速度に比例しています。棒はゆっくりしか書けないのに、文字だけ速書きできる人はいないからです。

棒の時点で右下がりのクセがあれば、文字書きでもそれが表れます。つまり棒と文字はつながっているんです。

2.曲線

棒絞り練習が完了したら、曲線のトレーニングです。山のてっぺんと谷の底点が等間隔で、なおかつ同じ高さになっているか確認しながら進めましょう。最初はトレーニングシートをなぞりますが、徐々にシートを外せるようにしましょう。

3.深い曲線

前の浅い曲線との違いは、チェックポイントが速く・多いことです。曲線は(山のてっぺんと谷の底点が等間隔で、なおかつ同じ高さになっているか確認)しながら進めますが、

深い曲線ほど確認作業点が急ピッチでやってきます(笑) 仮に1山でも高さが揃わないと(そこに目線がいき)非常に悪目立ちします。

4.直角に置く

1.2.3までの技術は「たらし書き」というやり方で進めましたが、ここへきて「クリームを置く」という動作が加わります。垂らし書きのままだと直角のはずの角が丸くなってしまいます。角(例えば四角形)を書くのに必要な技術です。

5.深く置く

星型など鋭角が欲しい時に、必要な技術です。

6.太らせる技術

パイピングの文字書きというのは、メリハリをつけると上手に見えます。毛筆と似ていて、強弱がないとのっぺりして、動きがなく、楽しそうなメッセージが伝わりません。

つまり一定の太さでなく、太い部分・細い部分が欲しいです。クリームを太らせる技術がないと(細くするしかできないと)文字が貧弱になってしまいます。

やみくもに練習するのはやめよう

パティシエの技術習得には1つのセオリーがあります! それは根性論を捨て、技術を理論的に整理すること。一般的には上手になりたいなら(たくさん練習しろ!)と言われますが、私はやみくもに練習しても非効率だと思います。

野球でいうところの千本ノック(数こなし法)より、プロスポーツの世界って、もっと効率良くトレーニングしてますよね。

パティシエだって、まずパイピングが上手になるには(今、何の技術を練習してるのか?)体系的に考えないとダメです。

例えば、パイピングに必要な技術はいくつ?(6つ)って、今まで考えたことありましたか?

パイピングの技術を1つ1つ増やせば、その組み合わせパターンでいくらでもオリジナルだってできるようになるんですよ。技術は根幹から拡げるイメージです。

たくさんのパターンを全て練習するのではなく(末端を攻めるのでなく) 根幹の技術を1つ1つマスターするのが先決だと思います。幹がしっかりしていれば、枝葉を伸ばすのは簡単なんですよ。

パイピング上達のまとめ

パイピングが上手になりたい方は、おそらくお仕事でプレート書きをされる機会があるのだと思います。ただ、やみくもにプレートを何枚も練習するのはおススメしません。

努力と根性で上手になった先輩は、後輩にも努力と根性を求めてしまいがち。それより、ご自身が技術を整理して学び、1つ1つ練習した方が、いつか後輩にも(優しく・分かりやすく)指導できませんか?

そこで6つのパイピング技術を段階的にトレーニングできるオリジナルシートをプレゼントしています。

パイピングシート プレゼント企画

LINEで「パイピングシート希望」と秘密の合言葉を送信いただくと「オリジナルシート」(ブログ内に出てきた画像のもの)をプレゼント致します。

データでお渡しするので、ご自身でプリントアウトしてご活用下さい。

登録だけですと、どのプレゼントか分からないので、ぜひ合言葉をお願いします(^.^)

◆月江 瑞穂(つきえ みずほ)と申します。

ナッペや絞りでプロを極めてパティシエを続ける方を応援しています。10年続ける人が、わずか1%しかいない菓子業界に(こそだてしながら)21年在籍している珍獣です。

つきえ経歴(←タップしてご覧下さい)パティシエを続ける方の練習指導・コンディションを整えるパティシエトレーナー。

ブログ一覧から、パイピング・ナッペ絞りに関する全37記事を閲覧できます。  ↓ ↓ ↓

ブログ一覧