Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // レッスンを大成功させる3つの秘訣 内容構築の考え方

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


過去記事500

レッスンを大成功させる3つの秘訣 内容構築の考え方

ご自身のレッスン・教室を開催したい!でも何に気を付ければいいんだろう?そんな心配をしている方、今からできることを考えてみませんか?レッスン開催の段取り・成功させる3つのポイントをお届けします



①相手(背景・モチベーション)


3つのポイント、1つ目。まずお相手(受講者さん)の背景をよくご想像ください。特にお相手の経歴とモチベーションですね。

経歴というのは例えばパティシエですと(全くの初心者・新人)なのか(10年経験がある)のかによって教え方も教える内容も変わります。

次にモチベーションですが、うちの会員さんはモチベーションが高いです。ご自身で一生懸命東京二子玉川キッチンを探してお申し込みいただいていますので。

ただ仮に私がどこかの企業案件で出張レッスンに行くと話は違ってきます。企業が従業員を休日出勤させてレッスン日に当てていたらどうでしょう。この場合受講者さんは貴重な休日に会社に呼び出されて受講しているという図式になります。

当然お相手は眠そうな顔をしてモチベーションは低いです。月江のことも(この人誰?)という状態。このようにお相手のモチベーションが高い・低いは非常に重要で相手が変われば同じ内容では全く伝わらないということです。

これを1つ踏まえるだけでもレッスン成功率は飛躍的に上がりました。

 

②人数(会場)


2つ目は人数です。マンツーマンで教えるのか、対10人なのか、対300人なのか。人数もよく考えないと何人でも同じレッスンというわけにはいきません。人数に合わせて内容を構築する必要があります。

 

③時間


3つ目は時間です。30分レッスンなのか2時間レッスンなのか6時間レッスン3日間連続集中コースなのか。時間によっても伝えられる内容は変わります。所要時間に合わせてレッスンの構築はそれぞれ行う必要があります。

2017.03.03 初稿

2020.10.16 更新

ブログ一覧