Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // ムダのないお菓子商品開発・試作の進め方

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


商品開発

ムダのないお菓子商品開発・試作の進め方

お菓子の商品開発を頼みたい。小ロットから始めて無駄な出費を省きたい。回り道せず最短で完了する試作の効率的な進め方。ご依頼者のほとんどはお菓子作りの知識が無いはずです。

そのため優秀な試作者とそうでない試作者の判別が難しい。ましてや効率良く商品開発が進められているかチェックするのは、そう簡単ではありません。

そこで上手な試作開発業者を見分ける方法をご紹介します。それは1試作で3パターンを用意してくれるかどうかで判断できます。

社名:アスリートライズ(アスリートサポート事業)

試作内容:自社プロテインを使ったゼリー商品開発


▲試作1回目の試食中


試作は1回で3パターン


ここでは当方で現在進んでいる案件を1つ例に挙げたいと思います。ご依頼内容は(自社プロテインを使ったゼリー)を作りたい、です。初回の試作テーマは「最適なプロテイン量」を決めること。

このように1試作で決定する事項は1つだけに厳選します。プロテインが多い・少ない・普通の3パターンのゼリーをお作りして3つの中から最適解を探ります。

テーマがプロテイン量だけに絞られているので比較検討しやすく「普通と多めの中間がいいよね」など意見も出やすいです。



仮に試作品が1つしか出てこないとしたら、よほどの味覚の持ち主でない限り「30%甘味を減らして酸味を5%強化して下さい」のような的確な指示は出せないと思います。

つまり1品だけ試食させられても比較対象が無く、いいような悪いような、、といった感じで戸惑うことになります。試食は3パターン出てきて初めて比較検討できるのです。


▲①②③の3パターン

ちなみに3パターンお作りして試作1回のカウントです。もちろん1試作ごとに費用が発生します。また時間もかかります。当然、最短の試作回数で済ませる技術を持ち合わせた業者なら、かかる費用も時間も少なく優良であると言えます。

(試作品はいつも想像通りの味!とお墨付き。試作2回で決まりました)



▶商品開発上手はゴルフ上手と似ている(打数が少ない方が優良)で詳細をご覧下さい。

今回のプロテインゼリー案件では、プロテインのお味を確認させていただき、それに合ったゼリーのレシピをこちらでご用意させていただきました。3つともゼリーは共通でプロテイン量だけ変えました。

初回の試作でほぼイメージ通り!とのお言葉を頂戴し、試作2回目でゴール。後はパッケージデザインや発注数量の確定に移るため、ピッタリなOEM先をご紹介させていただきました。

 

1試作6万円


初回は1試作(3パターンお作りして)6万円(税別)でお受けしております。これは相場の1/3程度の価格です。理由は子育て中の優秀なパティシエと商品開発のお仕事をマッチングさせているからです。この初回の試作・ご試食により、ご依頼者に手ごたえを確認いただきます。

イメージされた商品にどの位近いものができたかで、今後の試作回数の目途が立ちます。そこで商品開発継続される場合の正式なお見積りをお出ししております。

 

納期は1か月~


初回の1試作・3パターンをお作りするのに、ご入金から約1か月かかります。お急ぎの場合は緊急費用を頂戴し、できる限りご希望に沿うように対処致します。

当方の試作者は女性パティシエ子育て世代がメイン層です。消費者目線を持ち合わせた優秀な試作者が集まっていることが強みです。

※商品開発には豊富な経験と知識が必要で、ちょうど女性パティシエがこそだてをする年齢に当たります。当方ではパティシエを続けたい女性を集めて、商品開発というやりがいのあるお仕事をチーム戦で進めます。

 

よくご質問いただくこと


いくら投資して、いくらの売上・利益になって返ってくるのか?あるいは貴社でその業務を行った時と比べ、どれくらいのコストダウンが出来るのか?ここを明確に数字でご提案します。

数値化することが難しい感覚的な曖昧なことであっても想像しやすい言葉に変換して分かりやすくご説明しますのでご安心下さい。

こちらからのお願いとして「最終判断されるのは、どなたなのですか?」と伺うことがあります。ご担当者さまが商談後、上司や社長に報告すると思うのですが次回商談時に「その方に同席して話を聴いてほしい」とお伝えしています。

▶消費期限・賞味期限の設定方法とは:石川県予防医学協会引用

 

◆月江 瑞穂(つきえ みずほ)と申します。

10年続ける人が、わずか1%しかいない菓子業界に(こそだてしながら)20年在籍している珍獣です。

つきえ経歴(←タップしてご覧下さい)製菓業界に新規参入・携わる法人向けアシストを行っています。



製菓業界に20年在籍し
現場の叩き上げ時代=現場を知る・製菓技術習得
製菓学校教師時代=若い世代を知る・伝え方を習得
現職=パティシエトレーナー・お菓子の通訳



企画職と菓子職人(パティシエ)との現場通訳を行う。元製菓学校教師。元現場パティシエ。

洋菓子専門士であり、
国家資格:菓子製造1級技能士・製菓衛生師を取得。


▲24時間・匿名でご相談を承っております。

 

2017.06.15 初稿

2020.09.16 更新

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧