Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // ママパティシエを実現する方法

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


ママパティシエ

ママパティシエを実現する方法

自分の人生は 自分が主役

人が羨むプレミアムデコレーション

あなたが間違いなく主役になれる技術です


ママパティシエの応援ブログです。リアルなこそだて・仕事のバランスを公開します。ご参考までに覗いてみて下さい(^.^)


◆月江 瑞穂(つきえ みずほ)と申します。

ナッペや絞りで、プロを極める方を応援しています。10年続ける人が、わずか1%しかいない菓子業界に(こそだてしながら)20年在籍している珍獣です。

つきえ経歴(←タップしてご覧下さい)こそだてしながらパティシエを続ける方の練習指導・コンディションを整えます。ママパティシエのトレーナー。




▲LINEからお守り感覚でつながっていただけると嬉しいです♡


▲音声テキストです。ママパティシエを続ける秘策。1日5分家事育児しながら聴くだけ。


▲こそだてしながらパティシエを続けるには??(音声テキストです)


▲家事育児しながら聴ける音声テキストを更新してお届けします(^.^)コロナウィルスの影響でこそだて仕事の両立をはかりつつ、、、まあ、リアルな状態はこんなものですよねー(笑) 今回はこどもの声が入っています。


▲こどもがいることを障壁に感じている方へ(^.^)こどもがいるからこそできるパティシエの形はあると思います(音声テキスト)

 

女性パティシエが(結婚や出産をして)仕事を続ける際に、家庭と仕事のバランスを「どんな風に取りたいか?」選べるのが理想なのですが、私の場合は

 

家族 > 仕事


という考え方でして、以下1日のスケジュールと1週間の流れをご紹介します(平日10:00~17:00実働6時間・週30時間労働)


♡日曜日=家族で過ごす日 ★土曜午後=こどもと過ごす時間

私は20年間製菓に携わっており、パティシエとしてのスキルを現在もキチンと活かせているなー♡と感じています。家族との時間も持てている実感があります(^.^)

こどもを犠牲にして申し訳ない気持ちや

夫に気兼ねしながら、そわそわしてまで仕事はしない、と決めています。



私の事業内容は生クリームデコレーション、ナッペや絞りでプロを極める!!をお手伝いすることです。

レベルとしては【現役パティシエ・元パティシエ(こそだてブランクあり)製菓学校生・お菓子教室講師】が受講いただくものです。



私のやり方が少しでもヒントになりそうでしたら、ぜひマネしていただきたいのでレッスン内容は全てライセンスフリーです。

家族は大事。でも仕事だってスキルは活かしたい。もしこそだてで仕事が思うようにできない!とモヤモヤされているのでしたら、ぜひお話を聞かせて下さい。




▲行動できる人はこどもが小さいから、、とか関係ないんですね(^.^)



私は家族と仕事のバランスを【自分のごきげん具合】で目安にしています。仕事ばかりでもイライラするし家族のことバッカリでもイライラする(笑)

イライラしてしまったら「何で今イライラしてる?」と問うてみるクセがついています。



例えば、家族にイライラした時は仕事詰め込み過ぎてない?と確認します。仕事を減らすと家族にも少し優しくなれたりします。

ちなみに、前職の製菓学校教師を辞めた理由も

家族と仕事のバランスが取れない、と判断したからでした。教師をしながら、こそだてをしている自分を想像したら何だか、こどもに向かって当たり散らしている自分が見えたんですよ。その当時は、お腹にいる状態でしたがキッパリ辞めました。



これは、

製菓学校が悪い、というのではなく、つきえの希望する週30時間労働は、その職場規則では実現できなかったというだけです。



当方のレッスン開始時刻が遅め、10:00スタートなのも理由があって、

保育園に行きたくない!!とグズるこどもにギリギリまで付き合うため。もし開始時間が朝8時だったら泣こうが喚こうが、間に合うように保育園に預けないとならないですよね。

つきえはそれがイヤだったのです。

ある保育園のママに「いつも素敵ですね」とお声がけいただいたことがあります。

つきえが朝、保育園の前でただ、こどもを抱っこして立っているだけなんですが、みなさん慌ただしく「早くして!」とか「急いで~」とか、こどもを一刻も早く預けて出発したい!と必死な中、



ただじーっとこどものタイミングに付き合って長い時だと1時間そこに立っていることもあるんですよ。

そうやって こどもに寄り添える環境って羨ましいです、と言っていただいたんですね。実はそのママは産婦人科のドクターで、つきえこどもを取り上げてくださった方なのですが。

別に、こどもに寄り添おうが、寄り添うまいが、こどもの成長には関係ないんだと思います。

ただこれは、つきえ自身の問題なのですね。母親側の気持ちの問題。この世の終わりか?くらいに「ギャン泣き」するこどもを、ひっぺがしてまで、仕事がしたいか?というとそうでもない、というだけです。



結局、1時間付き合おうが最終的にひっぺがして仕事をすることに変わりはないので(笑)せめて、自分がごきげんで得意なことを仕事にしているのです。

今日のお仕事も楽しかったなー♡ありがとう!と保育園のお迎えで、こどもと話せるように。こどもはお母さんみたいにボクも仕事がしたいと言っています(4歳)



仕事が終わると、保育園から寄り道しながら、こどもと帰ります。夫は20時頃 帰宅するので、それまでこどもに付き合って公園で遊んだり、つきえの用事に付き合わせたりします。

やっぱり、私は

 

家族 > 仕事


が大事なんです。

また、

出産後5カ月で起業したこともあって、パティシエを続ける対策としてLINEレッスンを確立したことは大きいです。生クリームデコレーションはLINEでレッスンできるんですよ♡



自分・こどもの体調不良で、対面レッスンは無理でもLINEレッスンなら可能な場合は多いです。微熱・咳が出るなど、人前には出られなくても、布団の中でできるレッスンが増えます。

また、LINEレッスンの会員さんに「東京二子玉川キッチン」に通える人はいいよなーと不公平感が無いように、会員さんの貴重な時間を奪わない工夫やレッスンの上達速度を対面レッスンと同水準まで引き上げる工夫もされています。



私はLINEレッスンしながら、重要な家事は日中 済ませちゃうので帰宅後は夫婦でかんたんな夕食を作りながら仕事の話とかしています。

よく、家庭に仕事の話を持ち込むな!っていう人がいるんですが、うちは仕事大好きな夫婦なので、仕事やビジネス全般の話が多いです。ビジネスの話ができないパートナーはイヤですね。

朝食にシリアルを食べながら、ビジネスの話をしたり、食後にスナック菓子をつまみながらまたビジネスの話をする(笑)

とにかく、仕事が好きなんですね。

さらに、家族も好き。どっちの時間も欲しい。ワガママですけど、


▲お手本見せると瞬殺で、こどもの声「こっち来てー」がはじまる(笑)


▲ママパティシエとして女性パティシエの働き方を模索・更新しています

家族と仕事、好きな配分を選べるのが重要ですよね。



パティシエあるある話しましょう♡





▼ママパティシエ関連記事をご覧下さい

こそだてとパティシエ両立 ママパティシエ即戦力募集

ママパティシエ即戦力のプレミアムトレーニングがすごい

製菓技術専門誌「世界の菓子 PCG」の特集記事~女性の働き方を考える~

パティシエを続ける上で一番大切なこと

ママパティシエを実現する方法(この記事です)
プロを極めるプレミアムデコレーション倶楽部・正会員さんのテキスト、どんな書籍より上達の参考になると思います!

覗いてみてね♡↓タップして全てご覧になれます。





2019.02.5 初稿

2019.3.26 2019.5.30 2019.12.18

2020.04.19 更新

 

 

 

 

 

ブログ一覧