Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // 国家資格 技能検定 【洋菓子技能士2級】 徹底解説

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


上達ネタバレ

国家資格 技能検定 【洋菓子技能士2級】 徹底解説

自分の人生は自分が主役

人が羨むプレミアムデコレーション

あなたが間違いなく主役になれる技術です



【月江 瑞穂】つきえ みずほ

◆技能検定 洋菓子1級合格者

◆技能検定課題 実演授業を製菓学校にて受け持つ

◆技能検定 補佐員(試験会場見回り役)経験あり

つまり、つきえは 菓子技能検定に詳しいのですね。何でもお聞きくだされ(^_-)-☆





急ぎ、知りたいことがあれば、LINEからダイレクトにどうぞ♡(^.^)

 

そんな、つきえが

洋菓子の技能検定について分かりやすく解説させていただきます。



1章 実技試験の合格法(テクニック編)

2章 そもそもどこで受付できるの

3章 難易度は

4章 どんな役に立つの

5章 受験料は

 

まず、公式ページをご覧ください。

こちら


↑ クリック、タップすると閲覧できます。



公式ページからは、このような画面が出てきて正式な試験問題の中身が確認できるようになっています。

赤い部分が2級実技、の部分が2級学科の試験問題です。(今回は洋菓子2級のお話ね。1級は個別にご相談下さい)

実技と学科両方合格すると、晴れて技能士資格取得となります。

 

まず、実技試験の合格法(テクニック)を解説致しますね。

1章 実技試験の合格法(テクニック編)



これは、日本菓子専門学校(私の前職)のある職員の課題作品です。

これができれば【合格】!!という状態です。

 

ちなみに公式の試験問題はこんな感じの【図面だけ】なので、これだけで全てを読み取り、独学で挑戦するのは、あまりにも不利です。(↓こんなの見て即座にわかります??)



 

※著作権の問題で全てを公開できないので詳しくは公式ページへ こちら

圧倒的に、すでに合格している試験経験者からアドバイスをもらうのが合格率を高めることになり賢明です。

以下、私つきえの合格必勝練習方法をご紹介します。



▲アクリル板があると便利♡



▲公式図面を手に入れて、書き込みできるようコピーしよう♡

まず、

①アクリル板のような透明の板を用意します。 練習に使える 道具詳細についてはこちら

②公式図面(A4サイズ)を1.5倍程度(A3)に拡大コピー(ケーキ図面の直径が約24㎝になるように)

③ショートニングを用意



つまり

図面コピーを敷いてアクリル板を置き、上をなぞって練習するんです(*´з`)

拡大コピーしたサイズが試験本番のサイズ(直径24㎝)なので、なぞっていると本番サイズに慣れてきます。



公式図面の入手方法など、細かく知りたい方はLINEでダイレクトにどうぞ(^.^)

 



それで、まず最初に【チョコレートがけ】という溶かしたチョコでケーキを覆うという練習作業に入ります。

ここでは練習なので、(発泡スチロール)と(溶かしたショートング)でイメージトレーニングを重ねます 練習に使える 道具詳細についてはこちら

後は、先ほどなぞって練習した通りにクリームを絞るのですが、少しでも有利に進めるには最適な【順番】があります。

私、つきえの場合は【B】ゾーンから進めます(図面・右上)



理由はBゾーンの絞りが【失敗しやすく・修正しづらい】から。



細ーい線書きなので、プチンと切れたりしやすく、かと言ってチョコレートの上ですから、上手に修正するのは難しい。

ただ幸いなことに1度失敗しても、失敗面を【D】(左下)ゾーンに変更してしまえば失敗はリセットできます。(ただし1回限りです)



失敗したB(右上)をD(左下)として覆い隠してしまうんです。もともとD(左下)だった、まっさらな部分をBとして再チャレンジできます。



上の理由から、まっさらなスタートは必ず【B】(右上)の細い線書きからになります(*´з`) 他の部分を先に絞っちゃうと自動的に【B】の位置が限定されちゃうからね!

こんな裏ワザがざっと100くらいあります。残り99の裏ワザについては、LINEでダイレクトにどうぞ(^.^)



 

【B】ゾーンの次は【Cゾーン】に取り掛かります。

理由はチョコレートが程よく冷めた頃だから。



【C】ゾーンはチョコレートの絞りです。先ほど(チョコレートがけ)で下に垂れて落ちたチョコを集めて、残しておいたものです。

それが【B】に取り掛かかっている内に、丁度良い具合に冷えて、ベストな状態になっています。(固まっているけど、やわらかめ)



B・Cと終わったら、

残るは【A】か【D】ですが、私は【D】ゾーンに進みます

理由は、【A】ゾーンを絞るには、まだチョコレートがやわらか過ぎるから。

【A】ゾーンも(チョコレート絞り)なので【C】のついでに連続して絞れれば楽チンなのですが、【C】のチョコ絞りと【A】のチョコ絞りは、絶対的にチョコのかたさが異なります。



【C】はやわらか。

【A】はかため。

【A】は振動絞り、という細かい模様が入る絞りです。チョコがやわらかいと、模様がつぶれてしまいます。つまり【C】を終えてから、さらにチョコを冷ます必要があります。



チョコを冷ます時間に【D】を終わらせておくのです。(ちなみに試験時間は2時間30分。余裕はほとんどありません)

残りが【A】となります。B・C・Dと進めてきて、ちょうどチョコレートが冷えてかたくなった頃です。

そして、最後が 中央のバラ絞りと葉っぱです。これで完成!!(^^♪ お疲れ様でした。



試験は午前中なので、終わるとちょうどお昼ご飯の時間です♡ 緊張が解けてお腹も空くので、メチャクチャご飯が美味しいです(*´з`)!!ヤッホー!!

 

2章 そもそもどこで受付できるの

技能士試験の受付ですが、事前申請が必要になります。令和元年は10/7から10/18が申請期間です。申請場所については、都道府県別ですので、こちらをご参照下さい。→都道府県別申請窓口一覧

試験日は学科と実技で異なり例年、1月~2月の間です。正式な日程が決定するのは11月頃となります。

申請窓口で記入用紙(履歴書のようなもの)を書き込みします。その場で受験料の支払いも行います。申請は代理人でも可能です。

 

3章 難易度は

国家資格としては、難易度低めです。おススメです。学科は6~7割正解できれば合格と言われています。実技はぶっつけ本番では不可能ですが、きっちり対策を行えば確実に取りにいけます。

 

4章 どんな役に立つの

技能士資格がないとお菓子が作れない・レッスンができない・製造販売ができない、わけではありません。ただ、きちんとした実力を証明したい方、資格が欲しい方、ご自身で事業をされる方には有利にはたらくと思います。ちなみに外国籍の方も受験可能だそうです。(韓国の方からお問い合わせが多いので)

 

5章 受験料は

学科3000円程度、実技20000円程度(各都道府県ごとに異なります)→都道府県別お問い合わせ一覧

35歳以下は若者支援として9000円割引があるそうです(*´з`) 今年は学科だけ、来年実技だけ受けるんだ―とか分割受験も可能です。

 

以上、ざっくり解説を終了致します。

私、こういった試験課題が昔から大得意なんです♡(^.^)

各種お菓子コンテスト(他者との順位競争)より、試験課題(自分との戦い)の方が好きですねー。性に合っているんです。

人の出来栄えがどうであれ、自分がキチンとしていれば必ず合格します。受験しようかなー、と迷った方はLINE下さいな(^^♪



 

ブログ一覧