Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // 続 つきえの こそだて論と頭の中

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


ママパティシエ

続 つきえの こそだて論と頭の中

前編 つきえのこそだて論(←ご覧下さい)の続きです。

続 つきえのこそだて論。

 

普段、生クリームデコレーションの教室をしているのに、どうしてそんな人がこそだてを論じているか?

まあ、3歳7カ月のこどもがひとりいるとはいえ、別にそれだけでこそだてを論じる理由もないわけです。

ただ、

生クリームデコレーションと「こそだて」には意外な共通点があります。それを紐解くだけで

①こそだてってもっと力抜いていいんだーと思える

②こそだては大変だと思っていたけど、シンプルに考えればいいのねー

③こそだてはワクワクする

辺りに気持ちが変化するんじゃないのかな?と思って書いてみました。

 

まず、

つきえの現在やっている仕事は

生クリームデコレーションが上手になるように伝える」です


それとプライベートでは

こそだて」。


両者は全然違うことに思えるけど、つきえの感覚としては

全く同じこと」をしています。


 

前編でもお話しましたが、

つきえのテーマは

 

難しいことを簡単にしてわかりやすく伝える!!


です

しかも最終的に行きつく先は、こそだても生クリームデコレーションも

 

自立


です。

キーワードは「自立」なんです。

 

そうです。

難しいことがわかったり、できるようになると

人ってどんどん「自立」するんです。

 

究極

「生クリームデコレーション」はつきえより上手になりますし、

「こそだて」は親より立派に育ってほしいです。

先生がお膳立てしないと、ひとりじゃちっとも上手にできないデコレーションレッスンにはみなさん興味がないハズですし、

一向に自立しないこそだては地獄です。

 

一旦整理しますね。

「生クリームデコレーション」はお菓子技術の中では人に伝えるのが難しいジャンルです。

レシピがあって砂糖〇g・小麦粉〇gみたいに数字で説明できるものはラッキーですが、生クリームの塗り方・絞り方は感覚的で一般的に伝達不可能だと思われがち。結局、「経験がないと無理」で片付けられてしまいます。

また

「こそだて」も育児書通りになんて到底ならないし、悩んだり、難しいと感じる人も多いです。コトバがまだない赤ちゃんとコミュニケーションをとるのは至難の業です。

どちらも

つきえの経験した

 

難しいものたち



それを

簡単にしてわかりやすく伝える


のがつきえの役割だと思っています。

一見

生クリームデコレーションとこそだては何の脈絡もないように思えます。でもどちらもやってることは同じ。自分はできていることで・相手にとっては

「難しいことを簡単にしてわかりやすく伝える→そして自立してもらう」

という共通点があるのです。

 

①生クリームデコレーションレッスンで会員さんに自立してもらう

②こそだてしてこどもに自立してもらう

 

というワケで判明した診断結果は

 

つきえが「自立の鬼」だったということです(笑)




でもニコニコ(ヘラヘラ?)しているので全然こわくないです。

どうぞご安心下さい。噛みついたりしないですから。

 

ここで生クリームレッスンの件は、よそに置いておきます。

こそだての話に7戻します。つきえが普段こどもに使わないコトバの代表例

「早くして!!」

「ダメでしょ!!」

「わかりましたか!!」(笑)

笑った理由は、前編 つきえのこそだて論(←ご覧下さい)

 

結局

こそだてってゴールは「自立」なんですよ。

親がいなくなっても全然平気な状態にすることなんです。

だから

つきえはほとんど、こどもの行動に口出ししません。ニコニコ(ヘラヘラ?)して見ているだけ。

自分が死んで守護霊になって、こどもに寄り添っている感覚です。最低限の安全は確保しますけど、命に関わらない小言は要らない。

こどもって思ったよりちゃんとしてますよ。親がニコニコ(ヘラヘラ?)してるだけだと、自分で考えるようになります。

例えば

こどもがジュースをこぼしたとします。

「あーこぼしちゃったよ!」とこどもが言います。つきえはニコニコして返します「あーこぼしちゃったのー」

・・・(←ここ胆力です!!イライラしないで!)

こぼしたことを怒ったり、責めたりしません。(自宅なら)

こども:「フキフキかなあー?」

つきえ:「そうだね。フキフキだね」

こども:「これでいいの?」(タオル持ってくる)

つきえ:「うん、それでいいよ」

 

うーーーん、、、(__)

「何やってるのー!!」って怒鳴って、自分で拭いた方がよっぽど早いんですよ。

でもこそだての目的は「自立」ですから。つきえは守護霊役に徹しています。手出し無用です。

 

そして

具体的なコトバかけのポイントとしては、

おうむ返し」ですね。


先ほどのジュースの一連のやり取りを見てみます。

こども:「あーこぼしちゃったよ!」

つきえ:「あーこぼしちゃったのー」

こども:「フキフキかなあー?」

つきえ:「そうだね。フキフキだね」

こども:「これでいいの?」(タオル持ってくる)

つきえ:「うん、それでいいよ」

 

親サイドから何の指示も出さずに、ただこどものコトバを繰り返しただけ。

 

つきえ式やんわりこそだて3つのポイント

①守護霊に徹する

②おうむ返し

③ニコニコする

 

はい、端的にはつきえのこそだて論はこんな感じです。

実はこのブログで2500文字ちょっとなんですが、こそだてを論じさせたら10万文字の書籍も楽々書けると思います。(このブログの40倍の文字数)

なぜなら

「難しいことを簡単にしてわかりやすく伝える→ゴール自立」に関して

つきえはトコトンうるさいからです。

ちなみに、

生クリームデコレーションレッスンはつきえのメイン事業ですが、法人向けに「管理職研修」も行っています。

メイン事業 生クリームデコレーション

家族系事業 こそだて




【追加】

法人向け事業 管理職研修??? はー??

①と②は共通点あったけど、さすがに③の管理職研修って何よ!!ってちょっとツッコミますよね。

実は管理職研修も、こそだてと近しいのです。リーダー育て?/大人版こそだてみたいなイメージですね。

この先は管理職研修について書きたいと思いますが「やんわりこそだて」を目指す人、人に伝えるのって難しいなー、教え上手な先生になりたいなー、って感じている方にも役立つと思うので、次回もご覧ください。

LINEからメッセージもお気軽に❤



前編 つきえのこそだて論(←未読の方はご覧下さい)

 

つきえは「難しいことを簡単にしてわかりやすく伝える」能力をフル活用して

生クリームデコレーションが最速最短で上達するレッスンをしています。

デコレーション経験10年分を一括コピー(←ケーキデコレーションのレッスンはこちら)

 

2019.03.27 初稿

2019.05.30 更新

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧