Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // 昆虫パウダー高配合&低糖質・低脂質のプロテインバーの試作過程を解説

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


商品開発

昆虫パウダー高配合&低糖質・低脂質のプロテインバーの試作過程を解説

2017.4.10 2019.4.10 更新

今話題の昆虫食。コオロギやセミ、チョウの幼虫(カイコ)など「パウダー状」になっていればどんなスイーツへの混入も比較的簡単です。独特な味や香りも、レシピ次第でマスキングが可能。今回試作した高タンパクプロテインバーの様子を交えつつ、経験22年のスイーツコンサルタントが昆虫スイーツを分かりやすくお伝えします。

・オーガニック素材のみ使用
作りやすければストロングバー(ベンチマーク品)の原材料にこだわる必要なし

・タンパク質30g
脂質10g以下
糖質15g以下

・総重量60g~70gに収める
(小口分割なら70gでもOK
一本食べきりが辛い…は避けたい)

・昆虫パウダー5g含有

【次に欲しい要件】
・食物繊維5g
・昆虫パウダー10g
・糖質10g以下

※参考データ

カイコパウダー:タンパク質含有量63.8g/100g中
パスコ(敷島製パン)さんの蛹パウダーは使用量1%程度
カイコの幼虫パウダーは味が良い

 

 

ブログ一覧