Blog ツキ・ブログ

体験入学受付中

HOME // ツキ・ブログ // クリーム絞りチャンピオンの練習とは?

Blog 読むとツキがあがるブログ

CATEGORY


上達ネタバレ

クリーム絞りチャンピオンの練習とは?


元製菓学校教師が教える❤人が羨むケーキ術


 ━━━━━━━━━━

  ★ 経験10年を


  最速最短で定着させる


『形状記憶デコレーション』


 ━━━━━━━━━━

 

キレイなケーキデコレーションがしたい!!


上手にクリーム絞りがしたい!!




きっとみなさんのお役に立ちます。クリーム絞りチャンピオンの練習がありますから、どんなものかを、一度ご覧下さいませ❤

 

1章 これができればOK!2トップ絞り解説

2章 (力 ×速度)が絞りを征する

3章 絞りハイパフォーマンス術(棒絞り)

4章 ローズバッド・シェル絞り

5章 絞りのコントロールを科学する

 



 

1章 これができればOK!2トップ絞り解説


上の画像は2トップ絞りのご紹介です。

 

丸いの=ローズバッド(バラのつぼみ型)


しずくの=シェル(牡蠣の殻型)


製菓学校でも一番最初に習う基本2大絞りです。

動画はタップしてご覧いただけます。月江 瑞穂インスタグラム引用



丸・しずくの2トップが絞れると、好きなクリーム絞りがどれでもできます。



全然違うデザインに見えるケーキも

実は、

ローズバッドとシェルの2トップだけで構成されているのです。意外ですよねー。

道具屋さんにはすごく、たくさん絞り口金の種類があります。

口金を変えるだけで同じローズバッドも全く表情が変わって見えるんですね。

反対に、つきえは1つの口金でどれだけバリエーションが作れるか勝負しています。口金をたくさん買い揃えなくても2トップの絞りを覚えて、組み合わせの工夫で色々種類があるように見せる技術もあります。

 

 



 

2章 (力×速度)が絞りを征する


しかしながら、

ローズバッドとシェルがいきなりスラスラ絞れることは、まずあり得ません。

形がグニャグニャになる・大きさが揃わない等々。

理由は、クリームを絞る際に(力 ×速度)のコントロールがまだ上手くできないからです。



(力)=クリームが出てくる量



(速度)=クリームが移動するはやさ

 

上級者は(力)一定・(速度)一定。力も速度も一定のまま、ずーっとキープもできます。

初心者は(力)まちまち・(速度)まちまち。キープがかなり難しい。

力がまちまちだと、クリームが突然いっぱい出たり、急に減ったりします。(自分の意思に反して)

速度がまちまちだとクリームが速度に追いつけずにちぎれたり、ゆっくり過ぎて渋滞を起こしたりします。

この状態で、丸やら、しずくやらトライしても、同じ形に均一にはならないのです。

これ、

一般的には何年もかけて習得するもの、という認識です。ただ(力 ×速度)攻略には、もっと近道があります。

ローズバッドとシェルの前に絶対やるべきワンステップがあるのです。

それをお伝えします。

 

 



 

 

3章 絞りハイパフォーマンス術(棒絞り)


(力)と(速度)のコントロールが整わないうちに、何を絞っても上手くいかないです。まずは、(力 ×速度)を征するのが先決。そのトレーニング方法が

 

 

棒絞り


です。

これが、

ローズバッドとシェルの前に絶対やるべき1ステップです。


タップしてご覧いただけます。月江 瑞穂インスタグラム引用


これが棒絞り動画です!! ↓↓




えー?これが本当に役に立つのー?と思いましたか。

 

棒絞りが大切な理由として、

土台攻略がしやすいから、というのがポイントです。

(力)調整(速度)調整は、どんな絞りテクニックにも使います。絞りの土台です。

意識して「まっすぐ」に絞っているはずが、途中曲がったり、切れたり、太く・細くなる。

とにかく一定にならない場合は、(力)か(速度)のどちらかが、乱れたはずなんです。

(力 ×速度)が一定なら、必ずまっすぐ同じ太さの棒絞りができます。

つまり棒絞りが攻略できない段階でいきなりローズバッドとシェルを試しても「なんでできなかったのか?」よくわからないまま、ひたすら不毛な練習を続ける事態が発生します(笑)

これは時間がもったいないので実は避けたいところです。



 

4章 ローズバッド・シェル絞り


棒絞りで(力 ×速度)を攻略できれば、ローズバッドは楽勝です。

(力 ×速度)に(回転)要素が1つ加わっただけ。

つまり、

ローズバッドは(力 ×速度×回転)の3要素で構成されています。

力も・速度も・回転も!!と一気に要求されると、必ずどれか、おろそかになります。

が、これはごく普通のことです。

しかし、棒絞り効果で(力 ×速度)を意識しないでできるようにしておけば、(回転)だけに意識を集中できるわけです。

これで格段に成功に近づくことができました。



次に

シェル絞りは(力 ×速度×前後×太らせ)4要素が必要です。ローズバッドより1つ難易度が高いです。

だから、どうせローズバッドと同じ感じだろう~と「なんとなく」練習しても上手くいきません。

シェルにも決まった攻略法があります。

シェル成功の秘訣は、

前後の動き攻略と、口金より太くクリームを出す!を2つ攻略する必要があるのです。美しさにおいて、より大切なのが口金より太くクリームを出すことです。

先ほどの棒絞りは口金と同じ太さにまっすぐ絞っていました。

今度は、同じように口金より太く、棒状にクリームを絞り出すのです。たったそれだけですがコツが要ります。

太く絞る!は、シェル成功のための新たな攻略ステップです。

今回はクリームを太らせる攻略をしたいので、太く棒状に絞った動画をご紹介します。

月江 瑞穂インスタグラム引用、「太絞り」動画はタップしてご覧いただけます↓



基本は常に「棒絞り」つまり、まっすぐです。

「新しいことをやる時」「上手くいかない時」があれば、いつでも・何度でも「まっすぐ棒絞り」を確認します。

 


5章 絞りのコントロールを科学する




どんなに複雑な絞りでも(力 ×速度)に新しい要素がプラスされてできています。

ですので(力 ×速度)以外の新しい要素を1つ攻略する度に、みるみるデコレーション上達していきます。みなさん、どんなケーキデコレーションもスラスラできるようになりました。

(力 ×速度)を征することがクリーム絞りがスラスラできる近道だったんですね。

絞りのコントロールを科学して最速最短でケーキデコレーション技術を手に入れることができます。!!

 

 

私は東京二子玉川キッチンで今すぐクリーム絞りをマスターしたいですー!!という方

↓ ↓



 

人が羨む


プレミアムデコレーション


2時間で丸わかり


~形状記憶デコレーション 1day会員~




 

う~~ん、今すぐは、ちょっと忙しくてね。。

お手軽・安価・すきま時間に

ケーキデコレーション上達始めてみる方!!

 

30日間限定LINEレッスン




LINEができる環境なら参加できます
(東京二子玉川キッチンに来なくてOK)

 

 

待ってますー❤



 

ブログ一覧